緑内障|名古屋駅の眼科 - ゲートタワー眼科

ゲートタワー眼科

〒450-6626 名古屋市中村区名駅1丁目1番3号JRゲートタワー26階

052-462-9211

緑内障

緑内障

緑内障とは

緑内障とは

緑内障は、視神経が減っていく進行性の病気です。失明原因の第一位を占めています。

緑内障は、「視神経と視野に特徴的変化を有し」「眼圧を十分に下降させることにより視神経障害を抑制しうる」「眼の機能的構造的異常を特徴とする疾患である」・・・緑内障診療ガイドライン第3版にある定義です。すっきりした定義とはいえませんが、それは、緑内障の病態についてまだ不明なことが多いからです。けれども、緑内障を進行させたくないならば眼圧を下げるべきである、このことは定義からも明らかです。

緑内障で視神経障害が起こると、センサーである網膜が光を感じて信号を出しても、その信号が脳に伝わらなくなります。脳に信号が届かないと眼には映っていても「見えた」ことになりません。したがって「見落とし」がおこります。これが視野異常です。緑内障の視野異常は、中心を少し外れたところから始まる、進行が非常にゆっくりである、両眼で補い合う、などの理由から、かなり悪化するまで気づかれないことがしばしばあります。残念ながら失われた神経を回復させることはできません。だからこそ、緑内障は、早期発見早期治療することが大切なのです。

緑内障の危険因子

もっとも影響が大きいのは眼圧です。眼圧が高いほど危険は大きくなります。

そのほか、緑内障になる危険をふやすものとして、

  • 加齢(日本人の40歳以上の5%、70歳以上の11%が緑内障であるといわれています。)
  • 強度近視、遠視
  • 緑内障の家族歴
  • ステロイドの使用
  • 眼外傷、炎症性眼疾患
  • 高血圧、低血圧、糖尿病、低血圧、膠原病などの全身疾患

などがあげられています。

眼圧と緑内障

眼圧とは眼球を内側から押す力のことで、眼球の形を球形に保つためにもある程度の眼圧は必要です。正常眼圧は10-21mmHgとされています。視神経は眼球の内側で眼圧にさらされており、眼圧が正常範囲を超えると緑内障になるリスクが増えます。眼圧が多少高くても自覚症状はないことが多いですが、非常に高くなると、眼痛、霞み目、頭痛、吐き気などが現れることがあります。眼圧が高いほど緑内障の進行が速いので、このような自覚症状がある場合には速やかに眼圧を下げる必要があります。

一方で、「正常眼圧」でありながら、緑内障になることがあります。「正常眼圧緑内障」と呼ばれる病型です。日本人の緑内障の7割を占めるのがこの正常眼圧緑内障です。「視神経がもろい」から、と説明されていますが、その「もろさ」の本体は、まだ十分解明されているとはいえません。けれども、正常眼圧緑内障においても眼圧を下げることが治療に役立つことが証明されています。

緑内障の検査と治療

緑内障の検査と治療

まず眼底検査で視神経の状態を調べます。「視神経乳頭陥凹拡大」「網膜神経線維層欠損」「視神経乳頭縁出血」などの変化があると緑内障を疑います。最近では、画像解析技術が進歩し、視神経の形のわずかな変化でも数字で示すことができるようになり、緑内障を発見しやすくなりました。

眼底検査で異常が疑われれば、次に視野検査を行います。緑内障の異常が出やすい部分に光を示し、見えづらくなっているところがないかを調べます。視野検査で異常が証明され、それが眼底検査の視神経の変化と一致するならば緑内障が疑われます。

緑内障が疑われた場合、あるいは緑内障と診断された場合、その後も、眼底検査、視野検査で病気の進行具合をモニターし続けます。必要に応じて眼圧下降治療を開始し、緑内障が進行するならさらに眼圧を下げます。大部分の緑内障は点眼薬で治療できますが、手術が必要になる場合もあります。

緑内障の経過観察、治療は続けることが大切です。緑内障の治療は、眼圧を低く保つことで視神経障害の進行を予防する、いわば守りの治療ですので、継続が必要なのです。 早期発見早期治療ができれば緑内障から目を守ることができます。しかし、自覚症状が強いタイプ以外の緑内障は、検査を受けない限り早期発見できません。

「40歳になったら眼科検診を受けましょう」―あなたの眼を緑内障から守るために。