近視・遠視・乱視・老眼|名古屋駅の眼科 - ゲートタワー眼科

ゲートタワー眼科

〒450-6626 名古屋市中村区名駅1丁目1番3号JRゲートタワー26階

052-462-9211

近視・遠視・老眼・乱視

近視・遠視・乱視・老眼

近視とは

近視・遠視・乱視・老眼

近視とは、遠くにある物がぼやけて見えない状態です。目に入る物は、水晶体で屈折したあと網膜の上でピントが合って像を結ぶことで正しく見ることができます。しかし、網膜上でなく網膜よりも手前でピントが合ってしまうのが近視で、いわゆるピンぼけの状態です。近視の原因は、先天的なものと後天的なものがあり、眼精疲労のときに一時的に近視になる「仮性近視」もあります。

近視の対策

網膜の上できちんとピントが合うよう、眼鏡やコンタクトレンズによって矯正をします。仮性近視の場合は一時的な症状なので、専用の点眼薬などで対処します。仮性近視も放置すれば、慢性的な近視へ進行すると考えられています。

遠視とは

遠視とは、一般的に近くにある物がぼやけて見えない状態です。近視とは逆に、像が網膜の後ろで結ばれてしまうために近くの物がはっきり見えませんが、実は近くの物だけでなく遠くの物を見るときも調節が必要なため、疲れやすい目と言えます。

遠視の対策

近視と同じように、網膜の上できちんとピントが合うよう、眼鏡やコンタクトレンズによって矯正をします。

乱視とは

乱視とは、角膜や水晶体などが歪んでいるために、物を見るときに一カ所にピントが合わない状態です。ピントがズレるので、物が二重に見えたり、夜に視力が悪くなったりします。乱視だけが発症することは少なく、近視や遠視に併発することが多いです。

乱視の対策

軽度の乱視はあまり問題ありませんが、重度の乱視は眼鏡やコンタクトレンズで矯正しなければなりません。眼鏡やソフトコンタクトレンズでも矯正可能な乱視(正乱視)とハードコンタクトレンズでなければ矯正できない乱視(不正乱視)があります。

老眼とは

老眼は、加齢とともに誰にでも生じるものです。早い人では40代から老眼になる人もいます。老眼の原因は、加齢によって水晶体のピント調節機能が弱まるためです。老眼は、一般に手元の細かい字が見えにくくなったり、急に近くから遠くを、遠くから近くを見ると、ピントが合うまでに時間がかかったりします。

老眼の対策

老眼が加齢に伴うものなので、根本的な治療方法はありません。近視の人もそうでない人も、時期の差こそあれ、同じように老眼になります。よく見えるように専用の眼鏡(老眼鏡)を使って見え方を矯正することができます。眼鏡だけでなく、遠近両用コンタクトレンズもあります。老眼を放置してしまうと、眼精疲労になり、頭痛・肩こりなどの症状が出る場合もあります。見えにくさを放っておかず、適切に対処することが大切です。